Hello, Are you OK?

 

英語マスターを目指すシュウです。

 

今回は新型コロナウイルスの特徴について英語の記事から集めた情報を元に話します。

 

新型コロナウイルスがいかに恐ろしいのかを知っていただければと思っています。

 

新型コロナウイルスとは?

 

新型コロナウイルスは中国武漢から感染が大きく広がり、死者は32.8万人も出している類を見ないウイルスです。

 

新型コロナウイルスの期限は中国の生物兵器研究所から漏れたと言う話もあれば、アメリカから広がったという話もあります。

 

最近では2019年9月から新型コロナウイルスの抗体が見つかったと言う情報があったので、様々に分岐して進化したウイルスで謎に包まれています。

 

新型コロナウイルスは血管を攻撃する

 

新型コロナウイルスは感染した後に、血管を攻撃して血栓を作り、臓器に移動して破壊します。

 

ブルームバーグ(bloomberg)の記事で、この事について明かされています。

 

記事の内容を簡単に要約すれば「新型コロナウイルスは足のつめ先から脳に至るまでに全身に血栓を急速に作って、全身の臓器を棚から落ちるように瞬間に破壊する」事が明かされています。

 

つまり、足の内部に出来た血栓が一気に肺や心臓などの臓器に移動して、陰性後に突然死が起こってしまうのはこれが原因だったのです。

 

特に臓器に何かしら疾患を持っていたり、ぜんそくや気管支炎などの基礎疾患を持ってる人には凶悪なウイルスである事が分かります。

 

私は元ぜんそく持ちだったので気を付けて対策は行っています。

 

しかし、基礎疾患なしでも死亡している人もいるので油断できません。

 

新型コロナ無症状感染者は普通に呼吸をするだけで周囲の他者へ感染させる

                                                                                       引用元:Thailand medical news

スイスのチューリッヒ大学の研究で新型コロナウイルス無症状感染者は、咳をしていなくても、ごく普通に呼吸をしているだけで、周囲にいる人を新型コロナに感染させてしまうことが判明しています。

 

普通、インフルエンザなどのウイルスは、咳こんだ時にウイルスを飛ばして周囲を感染させてしまいますが、新型コロナウイルスは普通にただ、呼吸してしまうだけで周囲の人を感染させてしまうのです。

 

無症状でも大丈夫と言うわけではありません。

 

呼吸をするだけで周囲の人を感染してしまう。

 

所謂、歩く細菌兵器として被害を拡大させてしまいます。

 

しかし、まだプレプリントなので正式ではありませんが油断はできません。

 

マスクが徐々に店頭に並び始めているのでうまく利用しましょう。

 

ワクチンは存在しない

 

新型コロナウイルスにはワクチンは存在しません。

 

理由は、様々な感染経路があるからです。

 

通常のウイルスは一つの感染経路で感染して症状を発生させますが、新型コロナウイルスは複数の感染経路が存在してます。

 

ワクチンは一つの感染経路を突き止めて、それを阻害するワクチンを開発しますが、新型コロナウイルスは複数の感染経路を持っているのでワクチンの開発が事実上困難な状況なのです。

 

また、HIVと似た配列を持ってもいるので、たとえワクチンが開発されたところで完全に消える事はまずないでしょう。

大阪の吉村知事は「ワクチンの開発に期待する」と言っていましたがアメリカのHIVの科学者も、ワクチンには期待せずに、患者を隔離したり、対策を施すべきとも言っているので私たちも期待せずに最悪を想定して動くべきです。

 

まとめ

 

海外の研究で判明している新型コロナウイルスについてまとめました。

 

新型コロナウイルスは様々な分岐を得て、進化しています。

 

決して大したことがないウイルスではありません。

 

常に最悪を想定して、対策の方を当たってほしいなと思います。

 

See you again.