How’s everything ?

 

英語マスターを目指すシュウです。

 

プライムイングリッシュには

1.音声変化とカタカナ表記

2.サンドウィッチリスニングシステム

3.3ステップスピーキングシステム

 

の3つの独自の勉強法があります。

 

今回はプライムイングリッシュ独自の勉強法の一つである「3ステップスピーキングシステム」について紹介をします。

3ステップスピーキングシステムとは?

 

 

3ステップスピーキングシステムとは「真似る→試す→実践する」の3ステップといった感じで、フレーズが自然に出るようにトレーニングする勉強法です。

 

市販の教材では、いちいちCDを停止してやらないといけませんがプライムイングリッシュではスピーキングにちょうどよい間がある為、余計な作業をせずにストレスを溜めずに集中できるような工夫が施されています。

 

簡潔に言いますと

 

Step1:日本語が流れ、その後に英語が流れた後に英語を真似る

 

Step2:次に日本語が流れた後に、アウトプットをして、その後に英語が流れるので、もう一度アウトプットをする

 

Step3:登場人物になりきって、実践をする

 

と言った手順の学習法です。

 

プライムイングリッシュでは1週間かけて1スキット(テーマ)を学びますが、そのうちの4日間は3ステップスピーキングシステムでフレーズが自然に話せるようになる練習をします。

 

 

Step1. フレーズの発音を真似る

 

音声変化をした英語がナチュラルなスピードで再生されます。

 

しかし、サンドウィッチリスニングによってかなり聞き取りやすくなっているので、流れている音声のスピードで発音をします。

 

はじめは、何も見ずに一度発音をして、分からなければ、音声変化のカタカナ表記がされているテキストのページで確認して、音声変化を意識して何度も発音の練習をすると何も見なくても発音が出来るようになります。

 

Step2 : 日本語が流れた後にアウトプットをして、英語を確かめてもう一度アウトプット

 

音声が日本語→ポーズ→英語→ポーズの順に流れてきます。

 

日本語を聞いて英語をアウトプットをして今の状態の確認です。

 

その後に英語が流れるので正解を確認をして、最後にもう一度アウトプットをして定着をさせます。

 

Step 3 : なりきりトーキングで実践

 

スキットの登場人物になりきるアウトプットの練習をします。

 

登場人物Aをなりきる場合の音声はポーズ→英語(登場人物B)→ポーズ→英語(登場人物B)といった流れです。

 

ポーズのタイミングで登場人物Aのセリフを言ってアウトプットの練習をします。

 

こうする事によって、使える英語としてあなたの中にしみこんでいき、スピーキング力が向上するのです。

 

3ステップスピーキングシステムの効果

 

 

通常、英語のフレーズでは状況・場面・登場人物の感情がセットになって使われます。

 

これらを複合的に感じる事で、言語化しにくいニュアンスを体で覚える事が出来るのです。

 

英語を棒読みしたところで、定着しにくいので数か月後には忘れてしまいます。

 

また、状況が変わった時に応用が出来ないと言った問題もありますね。

 

その為、3ステップスピーキングシステムを使ってアウトプットをすれば状況・場面・登場人物の感情と結び付けてスピーキングをする事によって、使える英語としてあなたの中に染み込んでいきます。

 

実際に利用した感想

 

3ステップスピーキングをサンドウィッチリスニングをする前に試しにやって見たところ、ナチュラルスピードで再生されるので訳が分からなかったので、サンドウィッチリスニングをしっかりしてからやる部分であることが分かりました。

 

サンドウィッチリスニングをしてから、3ステップスピーキングに入ると何を言っているのかが分かるようになるので流れる音声を真似る事が出来ましたね。

 

Step 2を実践しましたが、自身でアウトプットした後に正解の英語の発音が流れるので、とてもやりやすかったです。

 

また、テンポもいいのでうまく脳に定着が出来ますね。

 

何回も繰り返したら、覚えないといけないと意識しなくてもフレーズが口からでるようになりました。

 

私は元々、「暗記しないといけない」と意識するとセーブがかかり本来の実力が発揮できないので覚えない姿勢でリスニングや発音をしていますが自然に覚える事が出来ています。

 

最後の登場人物になりきるなりきりトークも場面や状況の想定がしやすく、それにあったニュアンスで話す事が出来ました。

 

とにかく何回も繰り返す事が自然に口からフレーズが出せるコツだという事が理解できましたね。

 

状況・場面・登場人物の感情と結び付けてスピーキングをする事によって、使える英語となります。

 

この方法で学べるのはプライムイングリッシュのみなので、これから始める初心者や英語学習に失敗した人にはオススメです。

 

こちらの記事も参考にしてみてください。

失敗しない?プライムイングリッシュの特徴と勉強法。ネットでの評判は….

プライムイングリッシュは効果無し?購入して実践中。使用しての感想

 

Bye.