Hello, everyone.

 

シュウです。

 

今回は番外編で臨床心理士指定大学院の話をしたいと思います。

 

特に臨床心理士指定大学院をこれから受験しようと考えている人向けの内容となるので受験をしない人には関係のない内容の為注意してください。

 

特に専門知識に問われる問題よりも英語の問題を気にする人向けに私が実際に使った書籍や通信教育を紹介するために作りました。

 

臨床心理士指定大学院の試験の英語に向けてどういった教材を使えばいいのかを話していきます。

 

 

なぜ、臨床心理士指定大学院の試験には英語が必要になるのか?

 

 

どうして臨床心理士指定大学院の試験で英語が問われるのか?

 

それは修士・博士論文の作成と心理学の発展の歴史に関係があります。

 

心理学はヨーロッパから始まり、そしてアメリカで大きく発展した学問です。

 

その為、心理学のメインとなる論文などは主に海外になります。

 

心理学は日本とアメリカでは大体100年くらい遅れていると言われているくらいです。

 

自分が何かを研究する際に海外の論文が読めないといけません。

 

あなたが考えている研究内容をやっている外国人がいるからです。

 

また、海外で行われる発表会に参加する大学院も存在しています。

 

その時に英語が分からないとなってしまうと困ってしまうのです。

 

だから、試験で英語が問われます。

 

臨床心理士指定大学院の試験範囲

 

臨床心理士指定大学院の試験の内容は大学院によって様々です。

 

試験を受ける前にどの心理学が出るのかを教授に聞いたり、願書受付の方から過去問をもらう方法があります。

 

過去問で大体の傾向が把握できますが教授が研究している分野から出る場合があるのでどういった分野を研究しているのかをしっかりと確認をした方がいいでしょう。

 

大学の英語の試験内容と心理学専攻の大学院の英語の試験内容の違い

 

通常の試験、大学の英語の試験はリスニングをはじめ、発音、並び替えなどの文法、文章を読み取って設問に答えるなど英語全般についての試験内容が主だと思います。

 

しかし、臨床心理士指定大学院の英語の試験は大学の英語の試験とは大きく異なっているのです。

 

臨床心理士指定大学院の英語の試験は心理学に関する論文から抜き出したもので、下線で引かれた英文を日本語訳にする問題もあれば、()の中に該当する英文を選びなさいという問題もあり、大学院によっては内容が違います。

 

大半の大学院の問題では下線部の英文を日本語訳にしなさいという問題が多いです。

 

ここで注意してほしいのは英語の問題もその大学院の教授が研究している分野から出される場合が多いので気をつけましょう。

 

他に臨床心理士指定大学院の試験では、大学や高校の試験とは違い、辞書の持ち込みが可能になっています。

 

しかし、辞書だけでは心理学の専門用語についてはあまり載っていないので勉強する必要があるのです。

 

心理学の英語を勉強する為のオススメの書籍

 

心理学の英語を勉強する為のオススメの書籍を紹介します。

 

私が主に使っていた心理院単という心理学用語の英単語の書籍です。

 

 

この書籍は主に心理学の専門用語に関する英単語について書かれています。

 

臨床心理学や精神医学を始めとした英単語から、社会心理学や発達心理学などの分野で使われる英単語などが載っていて、他にも一般英単語についても収録をしていて非常に便利です。

 

また、レッドシートもついているので復習をする際にも非常に便利な書籍になります。

 

気を付けてほしいのは例文をしっかり理解する事で、単語だけ覚えても使い方が理解できないと意味がないので気をつけましょう。

 

単語だけ覚えたところで大学院の英訳問題を解く事が出来ないからです。

 

この書籍は辞書では出てこない事が多い単語を理解する為のもので日本語訳をする際に重要となります。

 

 

ヒルガードの心理学の書籍は合格した方も試験に向けて勉強した方も推す書籍になります。

 

間違って日本語のものを買わないようにしましょう。

 

心理学が問われる問題には使えるものですが、英語の問題に関してはあまり意味がないからです。

 

この書籍では現象の説明や用語の説明などが英語で説明されていて、どういった言い回しや使われ方があるのかが理解できるから薦められている本になります。

 

言い回しや表現等は論文とかで見られる事が多いので是非購入して勉強をしてみてください。

 

実際の試験では英語の論文から抜き出した問題でこの書籍で出た言い回しや表現が出るので全体を読む際や日本語訳にする際にこの本での勉強は参考になります。

 

他にも以下のような書籍があるので上記の書籍と合わせて使ってみるのもいいでしょう。

 

 

 

これらの書籍+大学や図書館に置いてある心理学の専門書を使えばさらに深まりますので是非、大学や図書館の書籍も利用しましょう。

 

通信教育を使う

 

 

通信教育を使う事も心理学の英語を勉強する為の一つの方法になります。

 

その代わり、書籍と違ってお金は多く取られてしまいますが通信教育をしている会社によってはテキストがしっかり出来ている特徴があるので自主学習が苦手な人にはお勧めです。

 

私がオススメするのはZ会の臨床心理士指定大学院の講座ですね。

 

 

画像を見れば分かると思いますが、講座の種類が豊富なんですよ。

 

自分が苦手だと思ってる講座を選択して勉強する事も可能なのです。

 

心理学を初めて勉強する人は臨床心理士パックや臨床心理士フルパック[英語基礎編]を受講する事によって合格へと近づく事が出来ます。

 

Z会の通信教育専用のテキストが用意されているので、それを使って勉強をする事が出来るのです。

 

特にテキストは専門用語に関する本とDSM-5を元にしたテキストがあり専門用語を勉強する際に助かります。

 

英語も、前述で紹介したヒルガードの心理学を元にして作られており、日本語で心理学用語の解説があって、次のページにその用語の英訳が書かれていて確認する際にも見やすく非常に良く出来ているのです。

 

また、添削問題集も大学院の試験を想定した問題で構成されていて、実際に試験を受けた時の感覚を味わう事が出来ます。

 

Z会の良い所は、回数制限はありますが、専用のサイトで担当の方に自分の書いた解答を送る事によって添削してもらえると言うところです。

 

自分の癖や、英訳がどうなっているのかなどそういった所を修正してもらえるので、力がつきやすいのもオススメする理由となります。

 

ただデメリットがありまして、それは通信講座なので自分の判断で勉強をするかしないかを自分で決める事が出来るので、余程の覚悟がないと続きませんし、書籍を買うよりも多くお金がとられます。

 

通信講座は誰かが「勉強をしなさい」と言っているわけではないからです。

 

自分は絶対合格するんだと決意がある方は無料で資料請求が出来ますので下のリンクから飛んで資料を請求して確かめてから決めるといいですよ。

 

Z会の資料無料請求はこちら

 

まとめ

 

どうだったでしょうか?

 

なぜ、臨床心理士指定大学院の試験では専門用語だけでなく英語も問われるのかが分かりましたか?

 

試験内容は他にも研究計画書と専門知識が問われる問題がありますが割愛させていただきます。

 

心理学の英語の勉強をする為に必要な書籍と通信教育についても紹介をしました。

 

臨床心理士指定大学院の一般試験は合格者の数が少ないのに受験者が多く倍率が高いです。

 

その為どの大学院も合格が非常に難しくなっています。

 

特に通信制大学の放送大学では倍率は15~20倍ととてつもなく競争率が高いです。

 

是非、今回紹介した書籍やサービスなどを使って他の受験者に差をつけましょう。

 

あなたがどれだけ真剣にやったかが合格に繋がります。

 

Good luck.