Hi, How’s everything?

 

英語マスターを目指すシュウです。

 

今回、気になるオンライン英会話があったので紹介します。

 

 

産経オンライン英会話

サービス名 産経オンライン英会話
販売者名 産経ヒューマンランニング株式会社
1レッスン 146円~
価格 月額5,980円~

 

サービス名に産経とついている事が分かると思いますがフジテレビや産経新聞などで有名なフジサンケイグループが運営をしているオンライン英会話サービスとなります。

 

 

産経オンライン英会話の特徴

 

産経オンライン英会話は低価格で、英会話のレッスンが受けれます。

 

また、短期集中プランもあり、短期で受ける事も出来るのです。

 

スカイプを使って、外国人講師の方と英会話のレッスンをしていきます。

 

3つのプランから選ぶ事が出来る

 

産経オンライン英会話では3つのプランから選ぶ事が出来ます。

 

プラン名 料金 詳細
毎日25分プラン 月額5,980円(税込) 月曜日~日曜日の間に1日1レッスン
毎日50分プラン 月額9,800円(税込) 月曜日~日曜日の間に1日2レッスン
週末毎日50分プラン 月額5,980円(税込) 週末の金~日に1日2レッスン

 

また、上記の3プランのいずれかを受講していると、チケット制のレッスンが追加できます。

 

チケット名 料金 詳細
プラス1チケット 700円(税込) 1回の追加レッスンが受けれる
プラス15チケット 4,300円(税込) 15回の追加レッスンが受けれる
プラス30チケット 7,900円(税込) 30回の追加レッスンが受けれる
プラス45チケット 10,800円(税込) 30回の追加レッスンが受けれる

 

他のオンライン英会話と違い、1日50分のレッスンが出来るプランは魅力のあるプランだと思います。

 

それと週末だけで集中的にできるのも面白いプランだと思いました。

 

他にも入学金やテキスト代は発生しません。

 

支払いはクレジットカード、銀行振り込み、PayPalでの支払いが出来ます。

 

教育関連のISOを2つ取得している

 

産経オンライン英会話は、

 

・ISO29990:2010(非公式教育・訓練における学習サービス)

・ISO29991:2014(公式教育外の語学学習サービス)

 

の教育関連のISOを二つ取得しています。

 

産経オンライン英会話がこの二つのISOを取得できた理由は

 

・優秀な講師を採用している

・良心的な料金設定をしている

・クオリティの高い教材を提供している

 

となっているのです。

 

日本で提供されているオンライン英会話の中で、教育関連のISOを取得しているのは産経オンライン英会話だけとなります。

 

産経オンライン英会話が質の高いレッスンをしているか分かると思います。

 

厳しい条件を合格した講師陣

 

産経オンライン英会話の講師は5段階の選考をクリアした講師のみを採用しています。

 

発音をはじめとして、表情や指導スキルスクリーニングも対象となっており、厳しいチェックをクリアして初めて講師として採用されているのです。

 

その為、レッスンの質も高く、より実践的なレッスンを受ける事が出来ます。

 

また、評価の悪い講師には再教育もしていてクオリティを下げないようにしているのです。

 

開講時間が長い

 

産経オンライン英会話は平日だけでなく土日も祝日も含めて毎日受講が出来ます。

 

開講時間も5時から25時までと幅広く、通勤や残業後でもレッスンを受ける事が出来るので社会人でも安心です。

 

産経オンライン英会話の口コミ

 

産経オンライン英会話の口コミについて集めてみました。

 

産経オンライン英会話の良い口コミ

 

 

産経オンライン英会話の悪い口コミ

 

 

 

スカイプでの通信の乱れなどがあったという不満がありましたが基本的には楽しそうにレッスンを受けている事が分かります。

 

産経オンライン英会話の問題点

 

次は産経オンライン英会話の問題点について話します。

 

講師によってばらつきがある

 

産経オンライン英会話でもいい講師とそうでない講師とのばらつきが大きいと言われています。

 

評価の高い講師は人気があるので予約をするのが難しいので満足できるレッスンが受けれないのです。

 

 

口コミでもこのような反応がありました。

 

開始直前や開始時刻で頻繁にキャンセルがあるのはなかなか堪えますね。

 

他にも無理やりスペイン訛りにしようとする講師などがいるそうです。

 

産経のサポート自体がほとんどない

 

興味深い口コミがあったので紹介します。

 

 

産経オンライン英会話のサポートに疑問を持っている声がありました。

 

ユーザーの声が届いていないのではないかなどの不安やテキストの誤植が多すぎるなどの要望を送ったのに届いていないと不満があったのです。

 

他にも退会ボタンがどこにあるのか分からないなどユーザー目線で運営をしているのかどうか疑問に残る部分がありました。

 

親会社のフジサンケイグループはデマ・差別常習犯で有名

 

最初に言いましたがフジサンケイグループは産経新聞もやっていると話しました。

 

産経新聞は知っている人は知っているデマをまき散らしている新聞で有名です。

 

具体的にどんなデマを流したかと言うと

 

・韓国人や中国人を侮辱する内容

・「某新聞死ね」という社説を載せる

・「日本を貶める日本人をあぶりだせ」というコラムを掲載して扇動

・著名人のデマをまき散らし、裁判で敗訴

・権力者を呼び捨てにするのはヘイトスピーチ

などなど

 

あげればきりがありません。

 

ちなみに産経はツイッターでこんなものまで宣伝しています。

 

 

これの何が問題なんだと言う人がいますが、あなたが産経オンライン英会話で払ったお金は差別やデマに使われると言いたいのです。

 

差別やデマをまき散らす連中にお金を落とすという事はあなただけでなく世界の人達にすら迷惑をかけてしまいます。

 

私はたとえ、ISOで信頼性があっても差別やデマを流して、外国人を貶めたり、他人を傷つけている会社が運営していたら絶対にしません。

 

何故なら良心が痛むし、私のプライドが許せないからです。

 

私なら他のオンライン英会話のサービスを利用しますよ。

 

総評

 

産経オンライン英会話は教育関連のISOを2つ取得している珍しいオンライン英会話ですが、

 

・講師の質にばらつきがある

・産経のサポートが杜撰

・親会社が差別やデマを平気で流している

 

などのデメリットが存在しています。

 

特に三番目の差別やデマを流している事は大きなマイナスです。

 

ツイッターで「産経の社員でなくてよかった」などのタグが作られるほど親会社の評判は悪いですよ。

 

こちらに私シュウがおすすめするオンライン英会話の記事がありますので一度確認してみください。

シュウのオススメオンライン英会話

上記の点も参考にしていただければと思います。

 

Important thing is knowing the fact.