Hi.

シュウです。

 

私が英会話を習得して海外に行こうとする理由をプロフィールで書いたこと以外について今回は話していきます。

 

他の記事でも言っていますが目的や理由がないと維持するのは難しいです。

 

私も理由があるから英会話の勉強が続いているのでこの記事を読んで、理由を見つけるきっかけが出来たらと考えています。

 

色々な価値観を持ってる人に出会う事が出来る

 

 

海外に出る事によって、色々な価値観や考え方を持った人に出会う事が出来ます。

 

そのような人たちに出会う事によって自分の考え方や価値観に変化がもたらされるのです。

 

私とSNSで相互フォローしてる方から聞きましたが、外国人と実際に関わって、自分の知らない異文化やその異文化による価値観や考え方を知って色々と学ぶ事が出来たと言っていました。

 

私もSNSではありますが日本語も話す事が出来る外国人の方と話した事がありますが、自分に自信が持てるきっかけの一つだったと思っています。

 

彼に出会う前までは考え方などで周りから否定されて、苦しい日々を送っていましたが、外国人の方とSNS間でやり取りをした時に、面白い考え方だと言われ、救われました。

 

日本では、多様性を認めない社会であり、生きづらさを感じる人が少なくありません。

 

今の時代SNS間でも外国人と関わる事が出来ますが、実際に会って話すのとではやはり新鮮味が違います。

 

私ももっと外国に行って文化やそこに住んでいる外国人の事について知りたいと考えて、毎日限られた時間をうまく使って勉強をしています。

 

日本を客観的に見る事が出来る

 

 

海外に出る事による最大のメリットの一つだと私は考えています。

 

何故なら、日本を客観的に見る事が可能になるからです。

 

つまり、どういう事かと言うといかに日本と言う国がおかしな国なのかが分かってしまいます。

 

例えば、労働の話になると最近だと中国の労働時間は8時間と日本と同じですが時間外労働は1日3時間未満、1ヶ月36時間と決まられているのです。

 

欧州になると例えば、オランダでは職種のほとんどがパートだと言われています。

 

過労死は日本特有のもので外国にはそんなものは存在しません。

 

英語で表記も「karousi」となっています。

 

このような事例から日本の労働環境がいかに異常なのかが分かってしまうのです。

 

他にもよく日本のテレビ番組で日本スゴイともてはやされていますが海外にいる日本人の方が外国人の方から心配される話をされたと言われ、その方も日本は明らかに没落していると言っていました。

 

私自身はSNSなどで様々な人と繋がっていて、日々色々と気づかされているので気づく事が出来ますが、日本にいて私のような状態になるには膨大な時間がかかってしまいます。

 

私のような目的でSNSで使う人はほとんどいないと思ってるので。

 

一番の方法が海外に出る事が気づきを得る近道です。

 

海外に出る事は自分を成長させる要素が多いのもポイントとなっています。

 

国内問題で巻き込まれる事がほぼない

 

海外に出れるという事は日本国内が危険な状況になったら、事前に知って閉鎖される前に脱出が出来るようになります。

 

海外に出れる力があればそんな危険な国内の問題も回避する事が可能になるのです。

 

事例として特に酷い日本の問題である官民格差についてあげておきたいと思います。

 

官民格差とは、民間と官(公務員)の収入格差の事です。

 

 

これは私の出身県の官民格差のデータとなります。

 

画像はこの方から使用許可を頂きました。

 

このデータを見れば分かりますがわずか300万程度の民間の給与に対してなんと600万から800万まで貰ってる地域があるのです。

 

公務員の給与の原資は税金。

 

民間の少ない給与から税金で搾取して彼らの高給な人件費に消えてしまっています。

 

よくこれの何が問題なんだと聞かれますが、民間の給与が下がっているのに彼らは下げるどころか上がっているのが異常だからです。

 

この問題は財源を断って海外に出れば、こんな人たちから搾取される事はありません。

 

この問題を発信している人も海外からの人なんです。

 

海外に出る事はデメリットもありますが国内の問題で人生が破滅する出来事から回避できるなどメリットの方が大きい事は知ってほしいと思っています。

 

海外に出た時に気をつける事

 

海外に出た時に気をつける事について1つあります。

 

それは日本人同士で馴れ合わない事です。

 

海外在住者に話を聞きましたが日本人同士で馴れ合う事はやらない方がいいと言っていました。

 

私が理由を聞いたところ、結局日本にいる事と変わらず、気づきを得る事が出来ないからだと教えてくれました。

 

今回紹介した上記二つは外国人の方と関わらないと気づきませんし、変わるきっかけにもなりません。

 

そのように海外に出ても日本人だけで馴れ合った人たちは、語学留学の場合は、お金を払ったのに結局英会話が出来なかったり、日本がおかしい国だと気づく事もありません。

 

さらにネトウヨと呼ばれる存在になってしまった話もあるくらいです。

 

海外に出た際は、外国人とは必ず関わりましょう。

 

そうする事で自分に自信が持てるようになったりなど、自己の成長にも繋がります。

 

私も海外経験のある方からそのような話を聞いて、日本の常識は通用しない事を知って、調べる努力をしてるので、何かを知る姿勢は大事です。

 

まとめ

 

どうだったでしょうか?

 

海外に出る事は、日本と違い、生活水準などが下がるなどデメリットがありますが、メリットの方が多い事が分かったと思います。

 

彼らから学べる事が多いので是非英会話を出来るようにして海外に行って、あなた自身を成長させてほしいです。

 

私も自分の思い通りの出来事を実現できるように毎日努力をしています。

 

言語の壁をある程度クリアすれば、世界は一気に広がるのでこれを機会に、海外に出る事のメリットについて知って、英会話の勉強について考えてみてください。

 

それでは今日はここまでで。

 

have a good day.